タイ国際航空の荷物重量制限?お土産いっぱい買い過ぎた!

タイ旅行のお土産をたくさん買い過ぎてしまった・・・

タイ国際航空の荷物重量制限大丈夫かな・・・

そんな風に思ったことはありませんか?

タイ国際航空の荷物重量制限は、エコノミークラスで30kgまで可能です。
制限内容は変更される場合があります。

タイ国際航空の公式ホームページをもう一度ご確認ください。

手荷物も含めての30kgになるようです。
ビジネスクラスなどのグレードなどによって預入の荷物重量は異なります。

もし荷物の重さを念のためチェックしておきたい場合には、
トラベルグッツの荷物測りを利用(購入)すると良いと思います。
日本を出発していなければ、1つ購入しておくのも便利かも知れません。
バンコクで気になった方は、現地で購入すると良いです。

タイ国際航空の荷物重量制限が気になる!バンコクで測り購入できるの?

バンコクには、日本で購入できるものは大抵売っていると思います。
バンコク市内のデパートのインフォメーション(案内)で尋ねてみると良いです。

大きな百貨店や100円ショップ的な雑貨店のような場所で売っている場合があります。
もしバンコクで荷物の重さが気になった方は、予め荷物の重さを把握しておくと安心です。

タイ語で伝える場合には、このようなタイ語を見せると分かってもらえると思います。

เครื่องชั่งนำหนักกระเป๋า
画像のトラベルグッツ(測り)は300バーツ程でした。
日本円で約900円ほどです。

購入場所によっては、ディスカウントしてもらえるかも知れません。

重量制限は、多少のお土産ならあまり気にしなくても良い気がします。
個人的にも気にしたことは一度もありません。

今回は、お土産の数が増えて来た時に、重量制限のことを思い出しました。
そこで、念のために「荷物の重さを測るグッツ」を購入しました。

タイ国際航空の荷物重量制限は、ステイタスによる特典として増量が付いています。
シルバーのステイタスで10kgアップなどの特典が付いていると思います。

シルバーステイタスなどのカード持っている方は、10kg~増量できます。
重量制限のオーバーは、金銭的なことが発生してしまいます。

タイ国際航空の公式ホームページで最新の情報と照らし合わせてください。
多少の重量は大目に見てくれる場合もあるようです。

その場合は、担当者などの裁量も影響があるようです。

まとめ

タイ国際航空などの荷物制限が気になる場合は?

カバンの重さを測るグッツなどで予め荷物の重さを把握しておくと良いです。
タイ国際航空の公式ページで最新の情報を確認してください。

カバン自体が重いとその分、荷物重量が取られてしまいます。
軽量の旅行バックなども販売されています。

旅行前のパッキング(荷物)も意外に大切ですね。
重量のことも視野に入れてパッキングを楽しむと良いと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA