【ラチャテウィー 屋台】ペチャブリーsoi5,ソイ10のローカル市場を歩く♪

BTSラチャテウィー駅周辺を散策しました♪

当てのない散策も良いのですが、タイは暑いし目的地がないのは疲れるので、今回は「ペチャブリーソイ5」と「soi10」を散策しました。

場所はBTSラチャテウィー駅から徒歩約10分ほどの距離です。

BTSラチャテウィー駅3番出口近くにはモーターサイやタクシーも拾えます。

ペチャブリーソイ5周辺までは歩いて行ける距離だとおもいます。

なお、ペチャブリーソイ5とソイ10の距離は離れていません。
ペチャブリーの大通りを挟んで向かい側になります。

歩道橋がありますので徒歩3分ほどで移動できます。

ペチャブリーsoi5やソイ10には何があるの?タイ屋台はある?

ペチャブリーソイ5と10へは昼間の2時頃に行きました。

ソイ(小道)の脇にはタイ食堂のような店舗が散見されました。

食堂店舗はどちらのソイでも見ることができました。
メニューは一般的なタイ料理なら何でもあるとおもいます。

パッタイ、カオマンガイ、カオパット、トムヤムクンなどです。

もちろん日本人の方にも人気なガオパオライスなどもありました♪

今回ソイ5にあるパッタイ屋に行きました。

しかし残念なことに目的のお店はまだ開店準備でした。

そこでソイ10へ食事をしないで散策へ行きました。

ソイ10にもきっと良さげなタイ屋台がありそうだったからです。

昼食のタイ屋台を求めてペチャブリーsoi10へ行く!

さっそくソイ10へ何か食べるものを探しに移動しました。

ペチャブリーsoi10への移動は「歩道橋」を渡るだけです。

歩道橋を渡るとソイ10の入り口がすぐ見えます。

ソイの入り口付近にはダイアモンド バンコクホテルやタイマッサージ屋さん、それから昔ながらの床屋さんなどが見られました。

「Diamond Bangkok Apartment」

タイ食堂のお店もみられます。

ソイ入り口付近のタイ飯屋で昼食を食べようとも思いましたが、ソイを散策するほうが楽しかったのでソイを少し進んで行きました。

ソイの散策中に撮影した写真です。

ブログネタでご紹介するならもっとしっかり写真を撮るべきでしたね。

こちらは鶏を焼いているガイヤーンと呼ばれるものです。

カオニャオ(もち米)と一緒に食べるのが相性が良いみたいです。

何度か食べた経験はありますが、美味しいので興味があったら食べてみてはいかがでしょうか。ビールのおつまみにもなりますので、購入してホテルで部屋飲みも楽しいと思います。

画像をもう一度チェックしたら鶏を焼いているのでガイヤーンではあると思いますが、焼き鳥のイメージですね。ガイヤーンは個人的にはもっと大きめな感じになります。屋台にもよりますが、焼き鳥も美味しいのでぜひご賞味ください♪

クイティアオのお店ですね。

路上に並ぶ屋台ではなく店舗型のタイ屋台です。

夜になるとお店によっては歩道の部分に簡易テーブルが出る可能性があります。

ソイ10の雰囲気は昼と夜とでは異なった感じに変化するかも知れません。

お米(ご飯)を売っていました。

肝心なご飯の画像は撮影しませんでした。

昼間はオープンしていないお店もあると思います。

近くのホテルや長期滞在をされている人は夜行ってみるのも良いかも知れません。

ペチャブリーsoi10のローカル市場を歩く!

ペチャブリーソイ10にある地元の市場を散策しました♪

歩いてみた感想は小規模でありならがも割と見て回るには興味深い感じでした。

ソイのちょっとした散策にはペチャブリーsoi10もおすすめできると思います。

ただ、初めてのタイ旅行で訪れる場所ではないイメージですね。

ローカルチックな場所を見学(視察)したい方やタイ旅行のリピーター向けの場所と言った感じです。ペチャブリーsoi10やソイ5に散策しに来た際には合わせて見学すると良いと思います。

野菜や果物、魚、ニンニク、唐辛子などが売られています。

市場内を素通りで見るだけなら5~10分ほどで見学できます。

写真はあまり撮りませんでした。さまざまなお店が並んでいます。

ペチャブリーソイ5、ソイ10で昼間の食事を兼ねた散策なら約1時間~2時間ほどの見学ができると思います。またこの周辺にはお土産や買い付けマーケットで知られている「プラトナーム市場」へのアクセスも簡単です。

道が混んでいなければタクシーで約7分程度で移動できます。

しかし昼間はプラトナーム市場方面の渋滞が予想されるので、プラトナーム市場への観光を絡めた散策は少し時間に余裕を持たせたほうが無難です。

ソイ5、soi10からモーターサイで移動する場合には渋滞の回避ができるので、約7~10分程度で移動できると思います。ちなみにバイクタクシー(モーターサイ)の料金は40バーツほどです。

近くにはバス停もあります。

またペチャブリーsoi5、soi10周辺はBTSラチャテウィー駅が最寄駅でもあります。

駅の近くにはアジアホテルがありますので、アジアホテルやプラトナーム市場近くのホテルに宿泊されている方でしたら暇な時間などに立ち寄ってみられるのも良いかも知れません。

アジアホテルに宿泊経験はありませんが、10年前くらいにショーを見に行ったことがあります。

まとめ、感想

今回ラチャテウィー駅近くのペチャブリーソイ5や10を散策してみましたが、タイ屋台もそこそこ見受けられローカルエリアを好む方には一度散策されてみられるのも良いと感じました。

ローカルエリアといっても周辺にはBTS(高架鉄道)の駅や幹線道路もあり、ホテルやプラトナーム市場にも近いので散策するには治安などの心配もあまりないと思います。

タイバンコクは新しい高層ビルや商業施設などもオープンしバンコクの風景も都会的になりつつあります。その一方で昔ながらの味わいが残るエリアでの散策もバンコク旅行の醍醐味です。

またどこか魅力的な場所を見つけてバンコク旅行を堪能できればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA